安全ルール

 

  • ◎ご参加される方も、されない方も以下を読んで下さい。知っているだけでも、結果は違ったものになってきます。

★安全に潜るために

アクアスミスWEBサイト(アドバイス)より一部抜粋

1.必ず二人1組で潜り、交互に潜ることでお互いの安全を確認しあいます。

 

2.相方の浮上後、6回の呼吸までは見届けてください。90%のブラックアウト(意識喪失)は、水面浮上後に起こります

 

3.深度と潜水時間がわかるフリーダイブモード付きコンピューターを使用しましょう。

 

4.「自分のことは自分が一番わかっている」という考えは捨てましょう。これまでにもあなたより格段に潜れるトップレベルのフリーダイバーでさえ、ブラックアウトで命を落としています。自分の安心して潜れる範囲(深度・時間)内で楽しみましょう。

 

5.潜降の際は水面でスノーケルを口から外します。こうすることによって、万が一ブラックアウトになった場合も一定時間、水の浸入を防ぐことができます。また水面浮上時、クリア(空気を消費)する必要なく、即座に呼吸が出来るメリットがあります。スノーケルを咥えた状態でブラックアウトすると、即座に水が肺へ浸入することになり、危険です。

 

6.ウェイトは-10m(*1)で中性浮力になるようにすることをお奨めします。これは、潜降により多くのエネルギーを消費することになりますが、酸素の少なくなっている帰り(浮上)を楽にすることと、万が一の場合に-10m(*1)以浅では自然に浮くことで安全性を高めることができます。(*1)-20m以深へ潜る方への参考深度です。おおよそ、自分の潜水深度の半分に設定したら良いでしょう。

 

7.飲料水をたくさん飲むようにしましょう。体内の水分が長時間にわたって奪われてくると、例えば午前中には楽勝だった-20mに2分間のダイブでも、午後にはブラックアウトを起こさせる場合があります。

 

8.しっかり水面休息を取ってください。推奨は水中にいた時間の2倍(2分間のダイブなら4分間の休憩)です。この休憩時間を安全に、かつ極端に短くできる呼吸法(ハイパーベンチレーションではありません。自分の脳をだまして潜水時間を伸ばすハイパーベンチレーションは、大変危険で全くお奨めできない呼吸法です)がありますが、これはベテランの方にしかお奨めできないので、ここでの紹介は控えます。

 

9.万が一、あなたのバデイ(相方)がトラブルに遭ってしまったら、即水面に上げ、気道を確保し、呼吸を促してください。目の間に息を強めに吹きかけることも吸気を促す面では効果的です。間違っても唾を吐き掛けないように。

 

10.自分の居場所がいつでも、すぐ人にわかるように必ずブイを使用しましょう。往来する船への目印にもなりますし、銃につけておけば大物を撃った場合も、逃げられる可能性が少なくなります。また、疲れた場合はつかまって休むことも可能です。

 

 

*より深く ー 深さを求められる方には、'07年度女子世界チャンピオンのマンディ・ロウ・クルックシャンクもインストラクターとして在籍している、パフォーマンス・フリーダイブ(ハワイ)がお奨めです。世界最高レベルのフリーダイビングレッスンが受けられます。興味のある方はご参加ください。

★安全にスピアを楽しむために

アクアスミス現地レッスン用マニュアルより一部抜粋

(1)~(5)は魚の獲り方のコツに関するものなのでここでは割愛します。

 

*魚と予想以上に格闘して酸素を消費してしまったりして、浮上時に苦しい、もしくは間に合わないと思えるような緊急事態の場合は、躊躇なくウェイトベルトを捨てましょう。その際、ウェイトベルトが足首に引っかかったりしないようにできるだけ大きく捨てるよう気をつけてください。一旦浮上し、フロートで休憩し、ラインを引いてウェイトベルトを回収できます。また、穴やすき間に入ってフロートラインが岩などに引っかかった場合も、同様にウェイトベルトを捨てて一旦、浮上できます。 

⑹ 浮上の際は、フロートを使っていれば走行中のボートからも視認できるため特に気を遣う必要はありませんが、あまりボートのエンジン音が大きく近くで聴こえる場合には注意をして上がりましょう。もしかしたら、キャプテンが他のことに気を取られてあなたに気づいていないこともあるかも知れません。徐々に大きくなる音はボートがあなたに接近している証拠ですから、できることなら、水中でやり過ごすか、ムリそうならば浮上時に水面からスピアガンを高く上げて存在を知らせ、急接近の場合には再度潜行しましょう。通常はキャプテンが進行方向を確認しているので問題ありませんが、スコールなどで前が良く見えない状況などの時には、特にこちらが気をつけるべきです。また、フロートは必ずダイブフラッグが付いたものを使用しましょう。 

 

(7) 少し疲れてしまった場合には、フロートで休みます。かなり疲労してしまった場合は、ベースフロート(インストラクターがスピアエリアの中心に設置する、旗付きフロート)で休みましょう。それでも回復が見られず、途中棄権したい場合は、インストラクターが巡回してきた際にその旨を伝えて、エキジットに同行してもらいましょう。 

 

終了時刻は、エントリーの際に案内がありますので、ダイブウォッチ又は防水(10気圧以上)の時計をお持ちになると良いでしょう。 Image Image 

ダイブフラッグの位置が高ければ高いほど、波が高く水面が少し荒れているときなども、離れた距離から確認しやすくなります。 

これは走行中のボートだけでなく、あなたのバディにとっても安心感を与えます。 

浮上したら、必ずバディとビーチ(もしくはボート)の位置を確認しましょう。 

常に自分とバディの居場所を確認しあうことが、スコールなどで突然の視界不良などになった場合に大いに助かります。ダイブフラッグ付きのフロートから半径30m以内をボートが徐行せずに走行するのはルール違反です。できればその場で注意をするか、必要と判断した場合にはコーストガードに連絡します。*万が一、漂流した場合や緊急事態を想定して、フロートに防水仕様の携帯電話をペリカンケース(防水ケース)などに入れておくことをお奨めします。カレントが強くなって戻れず、ダイビングブイにつかまった状態で救助を要請した事例や、またはボートが転覆したものの、電話をかけて救助されたベテランフィッシャーマンなどの事例があります。

★要注意生物と対処法

アクアスミス現地レッスン用マニュアルより一部抜粋

普段気をつけるのは、オニヒトデ・ウニ・オコゼ類のみで充分だと思いますので、過剰に心配する必要はありませんが、着底時には、これらが付近にいないことを確認しましょう。ほぼすべてに共通して、死んでも毒を持つため気をつけること。刺された際の対処法の多くに“40度以上のお湯に浸ける”とあるが、火傷をすることがあるので、浸ける前に刺されていないほうの指で温度を確認すること。

患部を水で洗い刺された部分から毒を搾り出し、棘が残っているようなら素手以外で抜き取って下さい。 

毒が不安定なタンパク質であることから、43(110)以上の熱いお湯に30~60分間浸けていると毒が 

不活性化し痛みが治まってきます。後は至急病院へ行き手当てを受けて下さい。

*マニュアルでは写真付きの一覧表になっていますが、ここでは色々な方法を試したものの、エラーが出てしまうため、名前のみの表記とします。各個別に検索して調べてください。

オニヒトデ

ガンガゼ

ラッパウニ

オニダルマオコゼ

オコゼ類

カサゴ類

アカエイ

ゴンズイ

アイゴ

 

以下は、個別に対処法が異なるので、それぞれをご紹介します。

 

Image 

Portuguese Man O' War 

カツオノエボシ

 

応急処置は患部を45 程度の湯に浸すか、氷で冷やすかの二通りがある。またアンドンクラゲやアカクラゲなどとは異なる仲間なので、同じ処置が効かない、もしくは逆効果になる場合があり注意が必要である。海水で洗い流して刺胞を除去した後、氷や冷水で冷やし、医療機関で治療する。対症療法として、抗ヒスタミン剤の軟膏や副腎皮質ホルモン配合の軟膏を塗布することがある。本種はクラゲではなく、真水(浸透圧の差で毒が体内に入りやすくなる)やお酢(酢はハブクラゲ刺傷への応急処置としては有効だが、カツオノエボシに対しては、その刺激で余計に毒が出てしまいまったくの逆効果である)は症状を悪化させることがあるため使わない。 

 

予防ウェットスーツ+フード+グローブでほぼ完全に予防できる。

 

Image 

Box jellyfish 

 

ハコクラゲ

 

刺胞が残っていることが多いため、こすらず海水で洗い流してから患部を冷やす。酢に浸ける、又はたっぷりとかけるのが良いとされている。 

 

 

沖縄のハブクラゲ、オーストラリアのウンバチクラゲ(写真)やイルカンジなどは死亡例も多い。

 

Cone shell 

イモガイ 

 

Image

症状:イモガイの刺した直後は全く痛みを感じず、自覚がないことがほとんどであるが、その後しばらくして患部に激痛が生じ、続いて痺れ、腫れ、疼き、めまい、嘔吐、発熱といった症状が出る。ひどい場合は、視力や血圧の低下、全身麻痺、さらには呼吸不全により死に至る。イモガイの毒には抗毒血清がないので、毒が被害者の体内で代謝され抜けきるまで、なんとか生命を持ちこたえさせることが唯一の救命策である。アンボイナ(写真:上中)ではその毒は神経性で、呼吸筋の麻痺によって死に至るが、心筋や中枢神経には被害が及ばないため、人工呼吸器で対応することで乗り切れるとのこと。

 

Blue-ringed octopus 

ヒョウモンダコ 

 

Image

 

 

10センチ弱の可愛らしいタコだが、噛まれると、呼吸困難から心停止になることも。応急処置は傷口を押さえ、心臓マッサージを行う。病院での治療は毒が体から排出されるまで酸素マスクをつける。病院での治療は毒が体から排出されるまで酸素マスクをつける。飲込むと大変危険な為、毒を直接吸わないこと。

 

Image 

 

Needlefish  ダツ

 

夜間、ライトに突進する性質があると云われているが、当地では前例なし。大きく刺さった場合には抜くと大量出血する場合があるので、頭の部分を残して切り離す。 

 

Image 

Shark 

 

サメ類

 

咬まれたら船上か陸地へ運び、早急に止血処置を行う。局所の圧迫(創内にガーゼなどを硬く詰め込み圧迫包帯を捲く)、もしくは止血帯、紐を用い、受傷部より心臓に近い部分を縛って止血する。縛った先が壊死を起こさないように約20分ごとに短時間緩める(縛った箇所に時間を記載し、目安とする)。出血箇所が腕、下肢であれば、その部を高く挙げる。呼吸状態、脈拍をよく観察し、必要ならCPRを行う。意識障害がある場合は、脳に血流がいくように下肢を少し高くして安静にする。早急に病院に運ぶ必要があるが、激しく動かすと生命に危険があるので注意する。

 

Image 

Sea anemonePalythoa toxica 

イワスナギンチャク 

Image 

 

マウイイワスナギンチャク 

擦らずに、海水できれいに刺胞を洗い流し、患部を冷やす。マウイイワスナギンチャク(*サイパンにはいません)のパリトキシンは生物が持つ毒の中で最強。ウンバチイソギンチャク左)ハナブサイソギンチャク(右)オーストラリア、日本の珊瑚礁海域にも生息。岩や死んだ珊瑚の表面に被覆する。一見、イソギンチャクのようには見えない。刺されても酢をかけてはいけない海水で刺胞を取り除き、患部を冷やす事が重要。患部の壊死、嘔吐、痙攣、呼吸困難となる場合がある。病院へ直行。 

 

Image Image

 

 

 

 

 

★環境の見極め

アクアスミス現地レッスン用マニュアルより

 

 

ビーチエントリー 

ビーチエントリーで注意すべき点は、往々にして「出やすく、戻りにくい」点が挙げられます。これは、一般的なビーチやリーフでは、砂州またはリーフの切れ目からエントリー&エキジットを行うのが普通だからです。このような場所には普通、下図のようなリップカレント(離岸流)があります。外洋(深場)へ出るのは流れに乗ってカンタンに出られますが、戻りは川のような流れを逆流せねばならず、力尽きてしまうことも起こりえます。 

Image 

このような場所でのエキジットの際に、特に注意しなければいけないのは、自分の戻り途(みち)です。リップカレントの中心部は強い逆流ですから避けます(水面にエキジット用のロープが設置してある場合などは別です)。また波高1mを超えるような場合には、リーフの上に乗り上げると、波に押されてリーフに叩き付けられることがありますので、リーフの上も避けます。流れがもっともニュートラルで帰ってくるのに適しているのは、このリーフのギリギリのところです(緑の点線内)。ただ、楽だからといってリーフの上にまで乗り上げてしまわないように注意しましょう。 

エキジットの注意点 

背の立つ浅瀬まで戻っても油断をしないようにしましょう。フィンを脱いでる間にコケて、リップカレントで深場へ引きずられ、今度は泳ぎたくてもフィンを脱いでしまっていて流されるがまま、になってしまいます。しっかりとエキジット口から充分に距離を取った浅瀬で、フィンを外したらすぐに立ち上がるクセをつけましょう。立ち上がれば、浮いて流されることはないのです。 

決して海から完全に上がるまで、油断しないようにしましょう。 

大切なことなのでもう一度繰り返します。 

決して海から完全に上がるまで、油断しないようにしましょう。